脳の皺と比較的新しい繭#2

お陰様でたくさんのお客様に囲まれ、終演しました。

お笑いの方、一般の方、そして俳優が集まり、舞台上も客席もなにか歪んでいて、でもなにかの指針みたいなものがそれぞれにボンヤリと、かつ確実に強く存在しているあの空間。

1日だけの公演。
自分の中の「これ!」という指針を磨かないとなと痛感しました。

毎回面白いところに連れて行ってくれる主催の長谷川さんに感謝。

私ももっと面白いところに連れていけるようにならないと。

刺激的過ぎる共演者の皆様にも感謝を。

そしていつも道標を与えてくださるお客様、誠にありがとうございました。

ちんちん。

高木健 Official Website

高木健 Ken Takagi 俳優 1987.11.17

0コメント

  • 1000 / 1000